2005年07月04日

トレーニングによるストレスと肥満

ストレスと食欲とは、密接な関係にあるもののようです。

海外の文献をみると、こんな研究がありました。

ボート選手を対象に、トレーニングによるストレスの増減が、レプチンの分泌にどのような影響を与えるか、という研究です。

レプチンのこと、覚えていますか?
これまで、何度か説明したことがありましたが、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、食欲を強力に抑える働きをもっているものでしたね。

対象となったボート選手は、12名で、年齢は、平均20歳(17歳〜23歳)体脂肪率 10.4±3.2 % というスポーツマンばかりでした。

結果ですが、トレーニングのストレスを22%増加させると、血液中のレプチン濃度は、8%減少しました。

レプチンが減ったということは、食欲は増したということですね

そして、更に、25%ストレスを増やすとレプチンは、更に35%も減りました。

つまり、ますます、食欲は増したということです。ヤケ喰いに近い状態かもしれません。

ところが、トレーニングの手を緩め、ストレスを一気に50%減らしてあげるとレプチンは、29%増えたのです。

つまり、今度は、食欲は落ちたわけです。

このことからわかるのは、ストレスが増すと食欲は増し、ストレスが減ると食欲も落ちるということです。

身に覚えのある方、いらっしゃませんか?

受験や就職をきっかけに太り始めた方の場合、ストレスが肥満の大きな原因になっている可能性があります。

ストレスは、できるだけ、溜め込まないように気をつけましょう。でも、そう簡単ではないかもしれませんが。

ただ、みんながみんな、ストレスを受けるとヤケ喰いをしたり、太り始めたりするわけでもないでしょうから、やはり、肥満遺伝子の有無が、からんでくるのでしょうか。

参考文献:Hormonal reactions during heavy training stress and following
tapering in highly trained male rowers.
Mäestu J - Horm Metab Res - 01-FEB-2003; 35(2): 109-13
 
ところで、オススメE−ブック、読まれましたか?
 
 
 このブログ、ためになったと思われた方は、こちら人気blogランキングへをクリックお願いします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ktamaoku/27117644
この記事へのコメント
はじめまして♪
様々な病気を抱えながら、体質改善によるダイエットを行っている者です。

30キロ減量なんて、スゴイですねー!!
脱帽です。
私はかなりハードなダイエットをしてますが、やっと1キロ落ちた程度です。
プレドニンとか飲んでたら厳しいかなぁ〜。

余談ですが、整形で4回手術したことがある私です。
(4回とも同じ先生で、勿論このダイエットの件でもお世話になってます。)

凄く為になるサイトなので、また遊びに来ますね!
Posted by ベレー帽のキューピー at 2005年07月05日 17:39
コメントありがとうございます。

正直なところ、ブログ配信に対するモチベーションは、相当、低くなっていますので、たまに、記事を出すくらいの状況です。
よろしかったら、過去の記事をご覧になって下さい。

プレドニンを飲まれているとは、大変ですね。
Posted by 皆川 at 2005年07月05日 19:09
暖かい服、ブーツ、それが, UGG ブーツ,スタイリッシュなジャケットですが,UGG 販売,追加し、明るいと雪で雪をマッチング,UGG 店舗,ユニークなスタイルが、,UGG 楽天するには、魅力的でスタイリッシュ.UGG クラシックミニ 正規品,UGG キッズ ブーツ,UGG 手袋,UGG ベビーブーツ,UGG バッグ,UGG JIMMY CHOO ブーツ, Christian Louboutin Pas Cher
Posted by UGG ブーツ at 2011年10月10日 10:23