2005年04月12日

レプチン抵抗性

 こんにちは、皆川です。
 
 前回の記事に対し、零梛 さん、 ナミナミ さん、コメントありがとうございました。
 
 皆さん、メールマガジンへのご登録はお済みでしょうか?
 
 まだ、されてない方は、左上のメールアドレス入力欄に、メールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックするだけで行えますので、お気軽に、ご登録いただければと思います。
 
 さて、前回は、レプチンを実際に、人間に対して、投与した場合の効果につきまして調べた、研究報告を紹介させていただきました。
 
 結果は、期待通りにはならなかったようです
 
 でも、なぜ、期待通りの結果が出なかったのでしょうか?
 
 それについて考える前に、ちょっと、おさらいです。
 
 レプチンは、脂肪組織から分泌されているため、脂肪組織を多く持っている肥満者の体の中では、たくさん、レプチンが、分泌されているはずです。
 
 事実、血中レプチン濃度と、BMIや体脂肪率は、正の相関、すなわち、体脂肪の多い人ほど、血液中のレプチンの濃度が高い、ということが、明らかになっています。
 
 でも、ちょっと、待って下さい。
 
 血液中のレプチン濃度が、高いということは、食欲を抑えたり、基礎代謝の低下が、防がれる度合いが、より大きいはずですから、本来、やせるはずではないでしょうか?
 
 それなのに、太っている人ほど、血中レプチン濃度が高いというのは、一体、どう理解したら、よいのでしょう?
 
 順を追って、説明してみます。
 
 まず、末梢の脂肪組織において、生成されたレプチンは、血液中に分泌されます。
 
 その後、レプチンは、血液ー脳関門という、いわば、バリアーを通過して、脳の視床下部というところに到達します。
 
 そして、視床下部にある、特定の場所にくっつくことで、いろいろな作用を発現するわけです。
 
 
 さて、ここが、ポイントです。
 
 
 実は、肥満者の場合、正常者に比べて、血液中のレプチンが、脳の方へ、移行しにくいのです
 
 このことは、血液中のレプチン値と、脳脊髄液中のレプチン値の比を、肥満者と正常者とで比較検討した報告があり、明らかとなっています。
 
 ですから、肥満者の場合、血液中のレプチン値が高いにもかかわらず、脳へ移行するレプチンが、少ないため、その作用が、あまり、発現しないのです
 
 言い方を変えると、
 
 太っている人というのは、体脂肪がタップリついているのに、それを脳へ知らせる信号が、少ししか送られないため、脳が、太っていることに気づいていない状態
 
                      と言えましょう。
 
 以上の説明でおわかりになったでしょうか。
 
 このように、レプチンが、たくさん出ているにもかかわらず、その作用が、しっかり、発揮されない状態を、「レプチン抵抗性」といいます。
 
 レプチン抵抗性の原因は、今、ご説明したこと以外にもありますが、今回は、これだけに、とどめておきます。
 
 このブログ、ためになったと思われた方は、こちら人気blogランキングへをクリックお願いします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ktamaoku/18753487
この記事へのトラックバック
ウチの病院の院長はカッコイイこと言うんですけど、 なかなか行動が・・・
院長を動かす方法【リハビリは創造力!】at 2005年04月12日 23:52
この記事へのコメント
ども!零梛です。
レプチン抵抗性。脂肪細胞が多いと感知されないようですね。
まずはやせることから始めなあきませんね。

(~_~)「
Posted by 零梛 at 2005年04月14日 05:43
こんにちは。ここ3ヶ月、ダイエットをしていますYumiと申します。レプチンという言葉は、血液型別ダイエットの本を読みました時に出ていました。この本には、(ちなみに、私はA型ですが)A型の食事を取れば、ダイエットできると書いていたのですが、皆川さんはどう、思われますか?なかなか、成果の出ない私ですが、いつも参考にさせていただいてます。
Posted by yumi at 2005年04月24日 13:12
5Q8]Pc}=, anime.ex-navi.biz, 超巨乳輪のメイドエロアニメ動画, http://anime.ex-navi.biz/kyonyu/120.html
Posted by 超巨乳輪のメイドエロアニメ動画 at 2011年10月08日 13:35
Many thanks for making the effort to talk about this, I feel strongly about this and love studying a great deal more on this topic. If feasible, as you gain knowledge, would you mind updating your weblog with a great deal more details? It’s really useful for me.
Posted by Riley at 2014年01月22日 20:47